現代の陰陽師・橋本 慧

現代の陰陽師・橋本慧 プロフィール

keihashimoto01

橋本 慧(はしもとけい)1972年生まれ

大企業に勤務したサラリーマン時代

陰陽師を名乗る以前は、サラリーマンとして勤務する。その仕事ぶりは、ノルマ達成は当たり前、締切の何日前に達成するか、という事を追求するほど優秀なビジネスマンであった。

昔から霊媒体質で、霊的な事に敏感であったが、現実主義者で自らが持つ”力”には無関心であった。ただ、仕事上大事な場面になると、決まって交通事故に遭うという厄災に見舞われる。その数実に12回。しかも全てが追突事故や正面衝突で、本人に過失の無い物ばかりであった。

妙光師との出会い、そして陰陽師へ

お祓い

12回目の事故の際に、のちに師匠となる妙光師と出会い「あなたはこの世界(仕事)にいるべき人では無い」と、陰陽師への道を強く勧められるが、それを信じる事ができず13回目の事故に遭う。バイク事故で生命の危機に瀕した橋本は、妙光師に師事することを決意「橋本慧」と命名される。それ以来、事故に遭う事は無くなった。

知る人ぞ知る、本物の陰陽師

現在は陰陽道の風水を使い数々の大企業や有名無名を問わず個人のお祓いや地相占術などを行う。超有名神社や仏閣などからは直接仕事依頼を受け、独自のコネクションも持っている。

メディアに露出することはほとんど無いため「知る人ぞ知る」存在ではあるが、某出版社とのコネクションから「とある世界的大ヒット小説の登場人物のモデル」になっている。

ある寺に人知れず眠っていた仏舎利(釈迦の遺骨とされる国宝級の宝物)を発見するなど、陰陽道を極めた活躍をする、まさに「現代の陰陽師」である。

↓ 実際に発見した仏舎利です ↓

仏舎利

仏舎利

– あまりにも多忙なため、現在新規の占術・お祓いのご依頼はお受けしておりません –